管理人のブログ

こんな事があるなんて・・・!

こんにちは!
大変お久しぶりです。HP管理人の岡田でございます。

twitterの運営を始めてから、こちらの更新をサッパリしなくなっておりました・・・!

さて、この度久しぶりにブログを更新しますのは、ちょっとビックリするお話があったからなのです。


今年の2月、このブログ内で「五千石タネ屋さん」について記事を書かせていただきました。
(まだご覧になっていない方はぜひお先にご覧ください!)

ざっくりとお話しますと、かつて燕市(旧分水)のひと地域で盛んに栽培されていたが現在は途絶えてしまっていた「五千石ネギ」を、もう一度蘇らせたい!という取り組みについてなのですが、なんと!進展があったのです!


五千石タネ屋さんの山田さん宛てに、なんと!青森で五千石ネギの原種を栽培していた方からコンタクトがあり、12年ぶりに原種のタネが戻ってきたのです!
驚いた事に、キッカケはこちらのブログを見ていただいた事だったようです(!)

現在、山田さんは原種のタネを張り切って準備中です!!


普段なかなか知られる事の無い、地域の頑張っている方々を少しでも応援できたら・・・
地域の枠を超えて多くの人にその事を紹介できたら・・・

そう思ってはいたのですが、いやはや、まさかこんな事があるなんて・・・!と私も嬉しい驚きでした。


そして何よりも、この度は記事を見つけて読んでいただき、また手を差し伸べて下さいました事を本当に有難く思いました。
本当に、ありがとうございます!!

2018年10月16日

期間限定の名所!つばめの水鏡

国上山の水鏡

こんにちは!
おかだでございます。

はじまりましたね。ゴールデンウィーク!

序盤はお天気にも恵まれ、燕市内は今のところ絶好のお出かけ日和となっております。
2~4は崩れる予報となっておりますが、そこはなんとか持ちこたえてほしいところです^^;


ゴールデンウィークというと、燕市内では田植えのシーズンになります。
そんな時期ならではの見どころとして「水鏡(みずかがみ)」というものがあります。

この道の駅のホームページにも使っておりますが、田植え前の水張りが一斉に行われると、まるで巨大な鏡のようになります。
特に燕市は地形が平坦で田んぼの面積も多く、とても美しい景色を楽しむ事ができるんですよ。

上の写真は、その水鏡に映った国上山で、私が撮影したものです。

こちらの写真は市内の広報誌にも使われ、なんと新潟市内のコンクールでも賞を頂いてしまいました!
私もビックリでした。

一番キレイに見えるタイミングは

①晴れて太陽が出ている事
②農家の方が作業をしていない朝方、または夕方

という条件がありますが、一見の価値はあります!


この連休に遊びにいらっしゃる方には、ぜひ狙ってみてほしいと思います!

2018年04月30日

行者ニンニク講習会

行者ニンニクの苗

こんにちは!
おかだでございます。

今回は、4月7日に開催されました「行者ニンニク講習会」についてお伝えしていきたいと思います。


・・・ところで皆様は、行者ニンニクとは何かご存知でしょうか?
ちなみに私は知りませんでした・・・。

これは山菜の一種で、本家のニンニクとは全く別物になります。
しかし味がニンニクそっくりで滋養のある食べ物なんです。
実際にこの講習会でもおひたしの試食をしておりましたが、とってもニンニク味です。
ほうれん草にニンニクを練りこんだ味、という感じでしょうか?ニンニクで味付けをするのとはちょっと違う、より自然な味わいを感じました。


この行者ニンニクですが、栽培するには普通の野菜とは少々違ったコツがいるようでして、「収穫できる前にダメになってしまった」という声も多くあるのだそうです。
しかし、その特性とコツを掴んでしまえば誰にでも育てられる!というものなのです。

行者ニンニク講習会

講師を務めますのは、燕市で行者ニンニクの栽培を始めて20年のベテラン、「喜津村農園」の白倉正純さん。
市外でもその経験を活かして積極的に講習会を開いていらっしゃいます。


本からではとても得る事のできない、経験からの生きた知識を、私を含めて参加者の皆様にたっぷりと教えて下さいました。

具体的な内容は参加した方の特権!ですが、種の植え方から収穫まで、普通の野菜と同じようにしてはいけないところ、普通の野菜よりも簡単なところ、いろいろと学ぶ事ができました。


この行者ニンニクの講習会は、例年2回開催しております。
今回は収穫期である春で座学と試食、次回は植え付けの実習を秋におこないます。

もちろん秋からの参加も全然問題ありませんので、ご興味のある方はぜひご参加くださいね!
また、日程が決まりましたらHPでも告知致します!


2018年04月08日

満開間近!お花見情報

カタクリの群生

こんにちは。

おかだでございます!

 

国上はただいま、花真っ盛り!

先週末からは国上山でもカタクリの群生が見られるようになり、平日休日問わず、多くの方が訪れてその光景を楽しんでおります。

比較的、例年よりも早く、そしてひときわ一斉に咲いた!という感じがします。

まだしばらくは見られると思いますので、ぜひ足を運んでみてくださいね!

どこを歩いていても一面紫で、すごいんですよ!!

 

 

さて、春といえばもうひとつ、サクラですよね!

 

サクラも開花が昨年より早く、関東などでは既に散り始めているなんて情報も聞きますが、こちらはこれからが本番です!

一足早いところで5分咲き、だいたいは開く寸前のつぼみとなっております。

 

・・・と、いうわけで、この「道の駅国上」近隣で見られるお花見スポットをぐるっと回ってまいりました!

 

 

分水さくら並木

分水の桜並木2分水の桜並木1分水の桜並木4分水の桜並木3

 

 

燕市で一番凄いのはやはりここでしょう!
大河津分水史料館から分水路沿いに、ひたすら続く桜並木道・・・!
15日に開かれる「おいらん道中」のコースにもなっております。
公園もありますのでお花見にはもってこい。
また、見ての通りひたすらに一直線なので、車や自転車で駆け抜けるのも気持ちが良いですね!
こちらでもレンタサイクルを貸し出してますので、体力に自信のある方は、どうぞお試しあれ!

 

 

弥彦公園

弥彦公園入口の桜弥彦駅前の桜

 

紅葉でも有名なスポットですね。

弥彦駅を出てすぐ、弥彦公園も良いお花見スポットです。

入口付近はすでに開花して、お花見を楽しむ方々も見られましたが本番はこれからといったところでしょうか!

 

 

朝日山展望台

朝日山展望台

 

国上山の登山道わき、朝日山展望台も地元の方には親しまれたお花見スポットです。

こちらももうすぐといったところ。

吊り橋や展望も楽しみながら、シートを敷いてお弁当・・・悠々とした空間で過ごす時間もなかなかの贅沢!!

(残念ながら橋はまだ渡れないんです!)

 

 

石港公園

石港公園

 

良寛さんの縁ある「夕ぐれの岡」のすぐそばです。

こちらは先に挙げた場所と違って小さな小さな公園ですが、小休憩や一人でゆったりしたい時にはもってこいかなと思います。

道の駅国上からもとても近く、駐車場なども無いので、レンタサイクルで立ち寄るのに良い場所です。

 

 

と、いう事で今回は近くの4か所をご紹介しました!

以下にマップを付けておきますので、お越しの際にはぜひ参考にしてみてください!

 

 

2018年04月05日

山開き&スイーツフェス

こんにちは。

おかだでございます!

 

少し遅くなってしまいましたが、先の25日に開催されました国上山の山開きと、スイーツフェスの様子をお伝えしたいと思います!

 

国上山の山開きは、例年4月の暮れに開催されていましたが、山野草などの開花時期に合わせたほうがよい!ということでひと月早く、場所も今年は道の駅に移しておこなわれました。

 

 

国上山開ききららんとおいらん役

 

 

燕市の鈴木市長や、分水の人気行事「おいらん道中」の今年のおいらん役3名、PRキャラクターの「きららん」が道の駅に来てくださいました。

 

 

国上の妖精マグネット

 

 

当日お越し頂いた皆様には粗品をお渡ししていましたが、中には私の作成した「国上の妖精マグネット」も入っております!

今後も山関連のイベントなどで配布予定ですが、道の駅でも販売したら需要はありますかね?どうなんでしょうか?

 

 

国上山開き3国上山開き2

 

 

当日は「里山花とみどりの会」主催のエコトレッキングも同時開催。

山開きセレモニーが終わってから、裏の酒呑童子神社わきの登山道へ向かいました。

 

国上エコトレッキング2国上エコトレッキング1

 

 

大人数になるので、班分けをしてのトレッキング。

天候にも恵まれて大変快適に楽しむ事ができました。

 

 

キクザキイチゲ雪割草

 


雪割草は今がピークで、大きな花を咲かせていました。

キクザキイチゲも一斉に咲き始めています!

 

 

カタクリ

カタクリも開花しはじめるものが出てきました!

日曜日の時点では少なかったですが、おそらく今週はわっと咲くでしょう!

 

 

スイーツフェス2スイーツフェス1

 



その間、館内ではスイーツフェスを開催。

燕市内にはおいしいお菓子屋さんが多く、その中から今回出店しましたのは・・・

 

 

以上6店舗でした!

 

 

ひろ里さかたや本店
小松屋菓子舗飴屋本舗

 

菓子工房ホカリ長谷源菓子舗

 

 

ロングセラーものから、桜やいちごを使ったシーズンものが多く、どれにしようか悩んでしまいます。

ちなみに私は悩んだ挙句、欲しいものは全部買いましたw

 

燕市といえば金属品や洋食器といったイメージがやはり強いと思いますが、こういった地域に根ざした老舗が多くあるのも魅力なんです。このあたりも今後はうまくPRしていきたいですね。

今後もまた2回、3回と続けていく予定ですので、「知らなかった!」「行けなかった!」という方にもぜひお越しいただければと思います!

 


2018年03月28日

初春の国上山に登ってきました

国上山 林道

こんにちは!

おかだでございます。

 

昨日の3月12日、てまりの湯の皆さんと一緒に国上山のトレッキングに行ってまいりました!

今冬は近年稀にみる大雪にみまわれておりましたが、ここ最近はガンガン雪解けが進んでおります。

 

国上山は、実は多種多様な山野草が多く見られる事で、一部界隈では有名だったりするのです!

 

では、今回見ることができたお花たちをご紹介します。

 

 

オウレン

このお花はオウレン。

 

とっても小さくてかわいらしい花を咲かせていました。よく探してみると結構そこらじゅうにありました。

根っこや茎が漢方薬になるんだとか。

葉っぱは、セリに似てたりキクに似てたり個体差があるみたいです。

 

 

マンサク

こちらはマンサク。

 

春が来て「まんず咲く」ので、こんな名前になったなんて説もあるそうです。

桜と同じで、まず花から咲くタイプの木みたいですね。

とりあえず5分咲き?といったところでしょうか?

伸びかけの黄色い花びらは、子供が吹いて遊ぶピロピロのおもちゃみたいですw

 

 

雪割草のつぼみ雪割草のつぼみ

そして、春山のアイドル、雪割草(ミスミソウ)ですね!

 

まだ開きかけ・・・といったところですが、中には・・・

 

白い雪割草青い雪割草

開き始めているものもありました!

 

実は今回初めて見ましたが、とってもキレイで可愛いですね♬

 

色も豊かで、紫色も探したいところです!

国上山にはいるんでしょうかね~?

 

 

カタクリのつぼみ

そして、カタクリ!

 

お料理でお馴染み片栗粉の原料になっていた植物です。

(今はお芋のデンプンから作る事が多いです)

 

こちらはもうしばらくといったところ。

これまた、キレイなお花がぶわっと一面に咲くので壮観なんですよね!!

 

 

最後に大事なことを!!

 

山野草は採らずに撮る!!

 

ホイホイ増える植物でないものも多いです。

採ってしまったらそこにはもう出てこなくなってしまうおそれが高いです!!

ひとりひとりがそういう心がけで楽しみましょう!



それともうひとつ!

 

 

今冬の大雪で相当な数の木が折れたり、倒れたりしました。

登山道の近くにも折れかけで宙吊りの木などがしばしば見られますので、くれぐれもご注意ください!


2018年03月13日

福祉を頑張る!家具屋さん

こんにちは!

おかだでございます。

 

昨日に引き続き、今週末に出店される燕市の素敵なお店をご紹介いたします!

今回は「卯八(うはち)家具店」さんを訪問し、お話を伺いました!

 

卯八家具店さんについて

卯八家具店

卯八家具店さんは、遡ること大正時代ごろから続く、地域に親しまれた家具屋さんです。

もともとは建具屋さんで、本業の傍らに家具を扱っていたそうなのですが、昭和に入った頃には家具屋さんとしての認知が高まっていたのだそうです。

実際、訪問している間にも近所の方々との楽し気なやり取りが。

地域密着の人情味溢れる一幕に、都市部で暮らしてきた私はなんとも温かい心地を覚えました。

 

ポールウォークとは

店主 山田さん

↑山田隆さん

福祉用具取扱いの資格とポールウォーク指導員の公認免許を所有しています

 

実は私自身、今回初めて知ったものなので、教えていただきました。

 

ポールウォークは、見た目・使い方ともにスキーのストックに似ております。

もとはスキー選手の平地トレーニング用につくられた、ノルディックウォークから発展したものです。

 

ポールウォーク2ポールウォーク1

緑がノルディックウォーク

白がポールウォーク

 

長さがこぶし一つ分ほど違い、接地面の形状が違いますね。

これは、トレーニングとしてステッキで地面を蹴り上げるものだったところを、杖として最適なバランスにした為なんです。

 

実際に使ってみた

 

歩行補助としての機能はこのような感じです。

 

・通常の杖と比べて支持点数が4つになるので安定性が高い

・左右対称、均等に体を支えるために筋バランスや猫背の矯正になる

・体重を4点で支えるので負担がより軽い

 

などなど。

 

そして若い人や健常者にもフィットネスとして使えるところがあります。

 

私も実際に使わせてもらったのですが、前からも支えるので背中を丸めたくても逆に難しいんですよね。

デスクワークが多いとついつい猫背になりがちなんですが、これは習慣付けると効果がありそうだと感じました。

あとは4足歩行になったつもりで歩くのですが、上半身にもねじりの動作が加わるので全身が動いているのが分かります。

聞けば体の90%を使うので、通常のウォーキングの1.5倍の効果があるのだということです。

 

そして、これが結構楽しい(ここ重要)

ん~~、文章から伝わるでしょうか?実際使ってみると良く分かるのですが笑

 

 

どうして家具屋で扱ってるの?

 

今回一番お伝えしたいポイント。

 

「介護用ベッドとかなら分かるけど、なぜ?」

そんな疑問があったのでお尋ねしたのですが、それには長年地域で親しまれてきたお店ならではの理由がありました。

 

世はまさに高齢化社会。

御多分に漏れず、こちらでも馴染みのお客さんがお年寄りになってきたのです。

 

今回教えていただきましたが、人には平均寿命健康寿命があって、そこにはだいたい10年の開きがあるとの事。

つまり現代人は10年の介護が必要になってしまう可能性が高いのだそうです。

 

「ならばこれから大切なのは介護だけじゃない!予防だ!!」と考え、取り扱う事になったのです。

 

昔からのお付き合いのお客さんの為に、慣れ親しんだこのお店から提供していきたい」

「買ってもらうよりまずは知ってほしい、体験してみてほしい」

 

そんな想いを持った山田さん、なんとポールウォーク公認指導員の資格も取ってしまったというのですから驚きです。

お話ししていても、「ホントに家具屋さんですか!?」と疑ってしまうほどに福祉や身体にお詳しい面白い方なんです。

 

この山田さんが、17日に道の駅国上で5回目の体験会を開きますのでぜひ皆さんお越しください!

また、月に一度、分水総合体育館でも体験会を開いております。

すごい・・・。

 

・・・やっぱり、家具屋さんじゃないですよね!?笑

 

(そして私も自分と父親の2つ分の購入を真剣に検討中です)

 

2018年02月15日

伝統野菜、復活の取り組み

こんにちは。おかだです。

記録的な大雪も一旦収まりまして、久しぶりにお天道様を拝むことができました。ありがたみを感じますね~。

先週は、仕事でも休みでも雪かきしかしていなかった気がします^^;

 

さて、今回の記事なのですが、今週末の17日、18日に道の駅国上内にて「ちょっと珍しいねぎ」のタネの出店があります。

ちょっとその事について、詳しくお伝えしていきたいと思います。

 

今回のイベントを行う、「五千石タネ屋」さんに伺い、直接お話を聞かせていただきました。

五千石ねぎ

 

五千石タネ屋1

燕市(旧分水町の区域)の笈ケ島(おいがしま)は、昔からネギの栽培が盛んに行われておりました。

そしてその中には「五千石ねぎ」という品種があり、柔らかく美味しい事から多く栽培されていたそうです。

ねぎ味噌などのご飯のお供や酢味噌和えには最適で、すき焼きなどの鍋物との相性もとても良いとの事!

 

しかし、進む時代の中で、改良された耐病性の高い品種に取って代わられ、原種は途絶えてしまったらしいのです。

 

そんな中、この地域の伝統野菜を復活させたいと活動されているのが、「五千石タネ屋」の山田さんご夫妻です。

五千石タネ屋さんについて

五千石タネ屋2

五千石タネ屋さんは、現在で3代目。

 

「再び伝統野菜を育てる農家さんを増やしたい!」

「ご当地ねぎをたくさんの人に食べてもらいたい!」

 

という想いで五千石ねぎのタネを探した結果、完全な原種・・・とはいきませんでしたが、原種の一世代先、つまり半分は原種である「五千石系」まで辿る事ができたのです。

そんな「五千石系」のねぎ、イベント時にはタネの販売はもちろんの事、試食や栽培の相談も受け付けております。

 

旦那様も奥様もとても親切・丁寧で、また種、苗のスペシャリストであるシードアドバイザや農薬など劇物取扱の資格もお持ちで、知識・経験も豊富でいらっしゃる為、頼りになる事間違い無しです!

 

実は私も昨年秋から畑を始めたのですが、ついつい色々な相談をしてしまいました。

今後もお世話になる気満々です笑

 

その他にも様々な活動をされているのですが、それはまた別の機会にお伝えしたいと思います!

 

この道の駅のHPを通して、地域の活動がより多くの人に伝われば嬉しいなと思いながら、書かせて頂きました。

まだまだ拙い文章だなぁと我ながら思いますが、より良い記事が書けるように頑張りたいですね・・・!

 

次回もお近くの素敵なお店を紹介していきますので宜しくお願いします!






【H30.10.16追記】

なんと、進展がありました!!
こんな事があるなんて・・・!

2018年02月14日

節分の豆まきでした!

こんにちは。おかだでございます。

 

いやぁ、連日凄い雪です・・・。今年は一体どうなっているのでしょうね?

遅くなってしまいましたが、先日開催された雪山歩きツアーも天候に恵まれ、好評の中終える事ができました。

今、その様子を動画でご覧いただけるように作成しておりますが、ちょっとお時間かかりそうです^^;

申し訳ありませんがしばしお待ちください・・・!

 

さておきまして、去る2月3日、道の駅国上内、てまりの湯にて豆まきを行いました。今年で7回目となります。

・・・が!残念ながらワタクシ当日は参加が出来なかったため、今回はてまりの湯スタッフのTさんにお願いして、お伝えしていこうと思います!

 

節分の豆まき1

今年はちょうど節分の日の開催となりました。

昨年より多くのお客様が参加してくださいました。

大広間いっぱいに福が広がるように、かわいい戌年の年女さん(12歳)が、ステージよりお豆を撒いてくれました。

節分の豆まき2

景品も多種あり、入浴券が当たった方からは「また来ようね!」のお声が聞けました。
ありがとうございました。

 

Tさん、レポートありがとうございます!

そしてご参加くださいました皆様、ありがとうございました!!

来年は私も参加したいですねぇ・・・!

2018年02月06日

新体験!雪山を歩く

雪の国上山

こんにちは。燕市地域おこし協力隊、おかだでございます。


最近は首都圏にまで達するほどの凄い寒波が広範囲で猛威を振るっていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?


ここ燕市も連日の雪に加えて強風による凄いホワイトアウト、日中も氷点下を下回り水道管の凍結など、暮らしに大きな影響を与えています。


遠く離れた地域の方には意外に思われる方もいるかもしれませんが、ひとくちに新潟県、日本海側と言っても雪の具合はまちまち。


実は燕市は、比較的雪の影響を受けづらい、暮らしやすい所なんです。


なのでどなたの口からも「今年みたいな事は珍しい」というお話を伺います。(ある意味大当たりですね笑)

 


さて、そんな中ではありますが、昨日25日、国上山で定期的にトレッキングツアーを開催しているボランティア団体「里山花とみどりの会」の1月ツアーの下見に同行致しました。


皆様には移住間もない頃から、大変お世話になっております。


今回は初の雪山トレッキングということで「かんじき」も初体験でした。これは革命的な快適さで驚きでした!

 

かんじき

 

これが「かんじき」

思ったよりもスムーズに装着できます。

 

トレッキング中は運もよく、晴天の中で存分に楽しむ事ができました。本番は28日(日)です。

 

ありがたい事に今回のツアーも予約いっぱい、満員御礼となっておりますので、お天気に恵まれるよう、お祈りです。

 

実際の様子なども、またこちらからお伝えしたいと思いますので楽しみにしていてください!

 

2018年01月26日

繭玉飾り

こんにちは。おかだです。

先週の驚異的な降雪から一変、今週は暖かい日が続き日差しや雨でみるみるうちに雪が溶けております。

連日しゃかりきに雪かきしていたはずなのですが、それよりもはるかに早いスピードで消えゆく雪を見て、「人間は自然にはとても敵わんなぁ・・・」などと考えておりました。

 

そんな事はさておき、今、温泉てまりの湯のロビーには「繭玉飾り」なるものがあります。

もともとは繭の多産を願って餅や団子を付けて小正月に飾ったことがはじまりなのだとか。

これが現在では五穀豊穣、長寿健康、商売繁盛を願って宝船や小判の飾りなど縁起ものを吊るされるようになったんだそうです。

 

実は私、今回初めて知りました。

かつては暑い、寒い以外で四季の変化を感じる事もなければ、意識する余裕すらありませんでしたし、ましてや行事といえば盆も正月も無いような暮らしだったので・・・w

 

こういった文化を学べる事も、移住ならではの楽しみだなぁと感じております。

繭玉飾り
2018年01月18日

塞の神 無事に終了!

皆様はじめまして!

ホームページの更新を担当しております、燕市地域おこし協力隊の岡田と申します!以後、よろしくお願いいたします!

 

さて、記念すべき第一回目の記事となります。

 

去る1月14日、第13回目の「久賀美 塞の神」を開催致しました。

お正月に飾ったしめ縄や門松をお焚き上げし、無病息災、五穀豊穣を祈るものです。また、書き損じた書初めも焚き上げると字が上手になる、という言い伝えも。

 

あいにく直前には大雪に見舞われておりましたが、当日はここ最近でも抜群の晴天に恵まれ多くのお客様が足を運ばれ、無事に終える事ができました。

 

私は今回が初の参加となったのですが、天に昇りゆく煙はまるで龍のよう!

圧巻でございました。

 

当日は残った火種で焼くするめなどの販売や、甘酒の無料サービスも行っておりましたが、こちらもおかげさまで完売御礼でございました。

 

例年ご参加頂いてる方も、まだ来た事がない!という方も、ぜひまた来年、旧正月をともにお祝いしましょう!

国上 塞ノ神
2018年01月16日