新体験!雪山を歩く

雪の国上山

こんにちは。燕市地域おこし協力隊、おかだでございます。


最近は首都圏にまで達するほどの凄い寒波が広範囲で猛威を振るっていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?


ここ燕市も連日の雪に加えて強風による凄いホワイトアウト、日中も氷点下を下回り水道管の凍結など、暮らしに大きな影響を与えています。


遠く離れた地域の方には意外に思われる方もいるかもしれませんが、ひとくちに新潟県、日本海側と言っても雪の具合はまちまち。


実は燕市は、比較的雪の影響を受けづらい、暮らしやすい所なんです。


なのでどなたの口からも「今年みたいな事は珍しい」というお話を伺います。(ある意味大当たりですね笑)

 


さて、そんな中ではありますが、昨日25日、国上山で定期的にトレッキングツアーを開催しているボランティア団体「里山花とみどりの会」の1月ツアーの下見に同行致しました。


皆様には移住間もない頃から、大変お世話になっております。


今回は初の雪山トレッキングということで「かんじき」も初体験でした。これは革命的な快適さで驚きでした!

 

かんじき

 

これが「かんじき」

思ったよりもスムーズに装着できます。

 

トレッキング中は運もよく、晴天の中で存分に楽しむ事ができました。本番は28日(日)です。

 

ありがたい事に今回のツアーも予約いっぱい、満員御礼となっておりますので、お天気に恵まれるよう、お祈りです。

 

実際の様子なども、またこちらからお伝えしたいと思いますので楽しみにしていてください!

 

2018年01月26日